転職を考えている30歳必見!30歳で転職するメリット・デメリット

この記事を見たあなたはおそらく、下記のいずれかのパターンだと思います。

1.今の仕事をすぐにでも辞めたい!新しい仕事をしたい!けど、30歳で転職して、もし失敗したら・・・

2.今の仕事に不満はないけど、この先もずっと同じことを続けていくのは、なんだか嫌だ!でももう30歳や!

3.30歳を迎えたら、急に頭の上に風が吹いた…そうだ、転職をしよう!

29歳あたりから、仕事への不満や疑問を持つようになったり、人生を長期のスパンで考えたりするようになるのは自然なことです。

そして、30歳という年齢的に転職はもう遅いのではないか?と漠然とした不安を抱えるのも自然なことだと思います。

そこで、今回は、そんな漠然とした不安を解消するために、30歳からの転職を行うにあたってのメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

30歳で転職するメリット・デメリット

1.30歳で転職するメリット

1-1.若年層から形成していきたい企業からすると、30歳は間に合う場合が多い

企業の募集要項などを見ると、大体35歳までは若年層という枠組みで募集をかけているところが多いです。

その為、30歳は企業の年齢層から見ると、まだまだ若手という認識をされています。

それまでの業界から飛び出して、新たに全く別の業界や業種の仕事に就きたいなら、まさに今が転職時と言えるでしょう。

仮に、35歳を越えてから転職しようと思うと、若年層の形成を図っている企業には書類選考で落とされてしまうことが多いと思います。

1-2.働き盛りの30代の時期を希望する仕事に費やすことが出来る

一般的に30代は働き盛りの時期と言われています。

20代では経験も少なく、管理職などに就ける人も限られてくると思います。

一方、30歳になると経験値や年齢的にも20代の若手とは一線を画します。

また、20代の頃に就職した企業は、新卒ブランドにあやかったり、みんなが就職するから流れに任せて就職、といった理由で、特に強い志望もない企業に勤めている人も多いと思います。

そうなると、今の仕事に興味を持つこともできずに働き盛りの30代に突入し、やる気もないのに管理職を任せられたりすることもあるでしょう。

その為、今、30歳で転職をして、30歳の今の自分が興味を持つ仕事に就き、昇進していくことはとても価値があることのように思えます。

大事な一度きりの人生を考えると、興味もやりたくもない仕事をしていることの虚無感は計り知れません。

そして、40歳や50歳になってから、自分の興味があることがしたい!と思っても、なかなか難しいのが日本の社会です。

1-3.30歳だったら、転職先の同年代と比較的、楽にコミュニケーションがとれる

これは一概に言えないところではありますが、職場で一番多い年齢は20代~30代の職場が多いです。

実際に、今あなたが働いている環境の年齢層を振り返ってみてください。

20代・・・新卒などで入った数名~数十名

30代・・・20代から仕事を続けている人や転職で入ってきた人で数十名以上

40、50代以上・・・職場に残っているのは管理職に就いている場合が多く、20代30代に比べると人数は少ない

多くの場合、こんな感じではないでしょうか。(もちろん業種にはよりますが)

その為、30歳で転職した場合、同年代の方たちと会話が通じ、比較的、楽にコミュニケーションをとることが出来ます。

これが、30代後半で転職となると、20代の人との会話についていけないことも多くなってくると思います。

1-4.希望する給与を手にすることが出来る

転職時に希望の年収を伝え、それを踏まえたうえで交渉し、採用となれば、その年収を手にすることが出来ます。

今の職場で希望の給与に全然届かなかったり、届く見込みがない人は、転職で給与を挙げるメリットはとても大きな部分と言えます。

もちろん、希望の給与を飲み込んでもらえない場合もあるので、募集要項であらかじめ確認しておいたり、最終交渉時などに明瞭にしておいた方がいいでしょう。

2.30歳で転職するデメリット

2-1.30歳からの転職は、即戦力を求められる

企業側からすると、30歳の新人に時間を費やすよりも、20代の新人に時間を費やした方が、費用対効果は高いと判断されます。

その為、30歳で転職してきた人には、ある程度の社会人スキルや、業種などが同じであれば、専門的なスキルを当たり前に求められます。

ここは、覚悟した方がいいです。

20代であれば、0から教えてもらえる可能性も高いけれど、30代であれば、3~5くらいのところから教えられたり指示されて、わからなかったら聞いてくれ、といった感じで時間をとってもらうことは少ないでしょう。

ただ、それを乗り越えれば、着実にチカラになるし、自身の成長にも繋がります。

成長意欲が高い人は、ここのデメリットは特に気にする必要はないでしょう。

2-2.年収が下がる可能性がある

これは、今の仕事が嫌で転職したいと思っている人に多いかもしれません。

なぜなら、今の仕事に不満を持っている場合、スキルや成長を意識せずに、これまで働いてきた人が多いからです。

そうなると、新しい仕事を探していても、スキル面が募集要項に当てはまらずに、なかなか行きたいところに行けない可能性が出てきます。

すると、年収を犠牲にして、転職先を決めてしまうパターンもあり得ます。

よく聞く、転職で年収が上がる人というのは、それまでの仕事で実績を積み、市場価値が高いと判断される人材である場合がほとんどです。

その為、今の仕事が嫌で転職したいけど、スキルなどが不足していると自覚のある人は、この点が注意ポイントです。

あまりにも低い年収で働いていた場合は、上がるとは思いますが、一度、求人情報などで希望する年収と、企業が求めている人材を見てみるといいです。

自分が本当にそのポジションでやっていけるのか、を見定める必要があります。

2-3.転職が失敗する可能性がある

今の職場は最悪だ~と思っている方も多いのではないでしょうか?

でも、もしかしたら、まだましな方で、転職先の方が悲惨な環境である可能性もゼロではないです。

もちろん、年収などの条件は面接などの交渉で叶えられることはあります。

しかし、職場の雰囲気や、人間関係までは見ることが出来ません。

以前の職場ではこれでよかったのに、転職先では面倒なことが増えたな・・・と感じる場面も出てくると思います。

それらは慣れで解決できる部分もありますし、出来ない部分も出てくる可能性もあります。

転職するにあたって、「全部が全部、自分の思い通りにはならない」ということを理解しておく必要があります。

最後に

20代に比べて、30歳の転職が不利というのは、あまりないと思います。

どちらかというと、メリットの方が多くあると思います。

ただし、求められることが多いということは確かです。

また、転職さえできれば天国が待っている!というのも幻想です。

良い面もあれば、悪い面もあります。

それらをわかったうえで、覚悟して転職するならば、30歳での転職は良い転機になるでしょう。

人間、新しいことをやっている時間は、きっと楽しいものだと思います。

自身が今置かれている環境のメリット・デメリットと比較して考えてみると、30歳からの転職がありか?なしか?が見えてくるかもしれません。