人気で簡単なボードゲーム、ハゲタカのえじきのルールと遊び方

最近、ボードゲームカフェという遊び場が出来るほどに、ボードゲームが人気です。

少人数でも楽しめるものが多く、時間もあっという間に過ぎてしまって、趣味がボードゲームの人もたくさんいます。

そこで今回は、ボードゲームの中でも人気の「ハゲタカのえじき」というゲームのルールや遊び方についてご紹介したいと思います。

ハゲタカのえじきのルールと遊び方

【簡単なルール】

プレイ人数:2人~6人
このゲームは、1~15までの数字が書かれたカード(数字カード)と、-5~+10までの数字とハゲタカ(ハゲタカカード)が描かれたカードを使います。

ハゲタカカードが得点となり、最終的に総得点が一番大きい人の勝ちとなります。

以上が簡単なルールです。次に詳細のルールと遊び方をご紹介します。

【詳細のルールと遊び方】

1.シャッフルされたハゲタカカード15枚をテーブルの中央に裏向きで置きます。

2.そのハゲタカカードの一番上のものを表にし、ハゲタカカードの数値を確認します。

3.その表向きのカード(の数値)を獲得するために、プレーヤーは自身の数字カードを1枚選択します。

4.各プレーヤーは選択したカードを裏向きでテーブルに置き、一斉に表にします。

5.その時、出した数字カードが一番大きな数字の人が、中央のハゲタカカードを獲得できます。(ハゲタカカードが得点)

※ハゲタカカードがマイナスの場合は、逆に一番小さい数字を出した人がとらなければなりません。

6.1~5をハゲタカカードがなくなるまで繰り返し、最終的な総得点を競い合います。

ただし、プレーヤーが出したカードの数字が一番大きいけれど、他の人と被ってしまうと、次に大きな数字カードを出した人がハゲタカカードを獲得します。

このルールがあることで心理戦となり、安易に勝つことが出来ないのです。ここがすごく面白いところです。

例えば、AさんBさんCさんでゲームしていたとします。

ハゲタカカードで「10」が出ました。

<各プレーヤーの心理>

Aさん:絶対にとりたいから15の数字カードを選択

Bさん:絶対にとりたいから15の数字カードを選択

Cさん:ほしいけど、ここで15をだしたら被りそう…
もしAさんBさんDさんが15で被ってくれたら、数字カードの一番小さい数字の1でも獲得できるかも…( ̄ー ̄)ニヤリ

Dさん:大きい数字で被る可能性もあるし、それを逆手にとって被らない大きめの数字カードで取りに来る人もいそうだなぁ…
いや、待てよ、Cさんの性格からすると、AさんBさんと自分が15で被って、棚ぼた思考で1とか出してきそうだな…仮にそれがドンピシャなら、ここは2で勝負だ!

<オープン>
Aさん:15
Bさん:15
Cさん:1
Dさん:2

Aさん、Bさんは三人の中で一番大きい数字だけれど、被ってしまったので、次に大きい数字のDさんがハゲタカカードを獲得

CさんはまんまとDさんの策に溺れ、Dさんは予想的中の2という少ない数値のカードでハゲタカカード最大値の10を獲得

このようにルールで状況を面白く設定されているので、また、各プレーヤーがさまざまな思考をするので、それを考えながらやっていくと本当におもしろいゲームです。

ハゲタカのえじきのほかにも初心者でも簡単に出来るボードゲームはたくさんあります。

実際に遊んでみると、大人でも盛り上がって楽しめるので、まだやったことがない人は、ぜひ一度ボードゲームカフェなどで遊んでみてください。