イランって遠い国?文化・習慣を知って、イランに親しもう!

イランってどんなイメージですか?

やっぱり、厳格なイスラム国というイメージが強いですね。

そして、イラン革命や、テヘランのアメリカ大使館の人質事件など、ネガティブなイメージも多いかもしれません。

でも、実際のイランは、親日国で、伝統的友好関係にあります。

イランのいろんなことを知りましょう。

イランの文化・習慣を知ろう

1.イランってどんな国?

イランは、中東に位置し、ペルシャとも言われ、何千年もの歴史を誇ります。

イラン国内には、ユネスコの世界遺産が22個登録されています。

古代からの遺跡や美しいモスクが魅力的です。

産油国で、日本との関係も深いです。

ただ、1979年のイラン革命後、厳格なイスラム教国家となり、アメリカとの関係が悪化し、日本人にとって、とても遠い国になりました。

そんなイランの文化・習慣・タブーをご紹介しましょう。

2.イランの文化の特徴

21 イランは危険?

イランは、アメリカと対立しているし、イスラム圏だし、隣にはイラクがあって、なんだか危険って印象がありませんか?

でも、実情は違います。治安は良好で、困っている人にはとても親切です。

22 イランは、女性が過ごしにくい?

女性が日常的に、スカーフを被ることを義務付けられているから、イランは、女性にとって過ごしにくい国なのかと思いがちですが、実は違います!

女性の社会進出がすごく進んでいて、看護師は言うに及ばず、医師、弁護士をはじめ、長距離トラックやバスの運転手などにどんどん進出しています。

さらに、イラン国内の女性の一人旅も安全だといわれています。

3.イランと日本の文化の違い

31 週末はいつ? 

イスラム教では、金曜日が休みです。

つまり、イランの週末は、金曜日になります。

その前日の木曜日は、日本でいうところの土曜日みたいなものに当たります。

また、イランでは、イラン歴とイスラム暦が使用されています。

日本での春分の日に当たる3月21日が新年の始まりになります。

32 イランとトイレは、和式?

外国に行くと、少なからず、トイレの違いに戸惑うことが多いです。

ところが、イランのトイレは、日本では、少なくなった和式のトイレに似ています。

空いた穴(?)にまたがって用を足します。備え付けの専用ホースから出る水で洗い流します。

男性用の小便器もありません。イスラム教では、たとえ男性でも大小にかかわらず、座って用を足すことを良しとしているそうです。

4.イランの食文化

41 アルコールは×

イスラム教では、アルコールは禁止です。

イスラム圏の国でも、観光客には、アルコールが提供される国もありますが、イランでは、観光客も、アルコールはNGです。

ただ、食事時には、希望すれば、ノンアルコールビールが提供されます。

42 イランの飲むヨーグルトは塩辛い?

イラン発祥で、西南アジアで飲まれている飲むヨーグルトは、ドゥーグと言います。

イランの方は、ケバブなどを食べながら飲むようですが、日本の飲むヨーグルトをイメージして飲むとビックリします。

デザートではないので、甘味はなく、酸味と塩味が強いです。

日本でもイラン食材店やペルシャ料理店で扱っています。

5.イランで気をつけたいタブー

イランでは、女性の社会進出も進んでいますが、公共の場に出るときは、女性はスカーフで頭を覆わなければなりません。

日本人が、イラン入国のビザを取る場合も、スカーフ着用が義務となっています。

イランでは、FacebookやTwitterは使えないといわれていますが、VNPというアプリを使えば、アクセスできるようになります。

まとめ

いかがでしたか?イランの文化や習慣、タブーなどにまとめました。

イスラム教では、偶像を崇めることが禁止されているため、モスクにも、キリスト教会のような像はありません。

そのかわり、幾何学模様のアラベスク模様がとてもきれいです。ぜひ、実際に現地で見てみたいですね。