謎とロマンに満ちた国ペルー!行く前に文化や習慣をチェック

ペルーと日本は、太平洋を挟んで遠く離れていますが、ペルーのイメージを問われたら、誰でも、インカ帝国やアンデス山脈、ラマなど次々とイメージが出てきますから、けっこうなじみ深い国なのかもしれません。

謎とロマンに満ちたペルーについてご紹介していきたいと思います。

ペルーの文化や習慣を知ろう!

1.ペルーってどんな国?

ペルーは、南アメリカ大陸西部に位置する国ですが、紀元前より多くの古代文明が栄えました。

その中の一つ、インカ帝国は、16世紀当時、世界で最大級の帝国でしたが、スペインに征服されました。

強大な帝国が、外部からもたらされた疫病や内戦で滅亡しました。

同じくインカ帝国の空中都市マチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵など、ペルーにはミステリーとロマンが満ちています。ペルーは、私たちを魅了してやみません。

2.ペルーの文化的特徴

21 高地からジャングル、そして砂漠まで、豊かで多様な自然

サイモンとガーファンクルの有名な「コンドルは飛んでいく」は、アンデス地方のフォルクローレのカバーです。

ペルーと言えば、アンデス山脈や高地というイメージがあるかもしれませんが、ペルーには多様な自然があります。

ペルーは、実は国土の60%がジャングルです。さらに太平洋に面した沿岸部は砂漠です。

この自然の多様性が、ペルーの文化の根底にあります。

22  No Music & Dance, No Life.

ペルーの人たちにとって、音楽とダンスは欠かせません。

特に週末は、町に繰り出して踊ります。

また、お祝いやお酒には、音楽とダンスがセットです。

若い人は、レゲトン、大人たちは、サルサやワンビア、そしてアンデス地方のフォルクローレが人気です。

3.ペルーと日本の文化の違い

31 ペルーの言葉と日本語、同じ発音で意味が全く違うからご注意!

ペルーの言葉で、「アホ」「バカ」と聞こえてきても、怒ってはいけません!

ペルーの言葉で、アホはニンニク、バカは牛のことです。

逆に、日本のスーパーで、ペルー人が「アホ」「バカ」と言ったら、日本人からにらまれるかもしれませんね。

33 時間感覚が明らかに違う!

特に、ペルーではということではないかもしれませんが、日本以外の外国に行くと、時間に対するルーズさでイラっとすることが多いです。

ペルー人も、たしかに時間にルーズです。

でも、ひょっとしたら、世界の中で、日本人は、特異なのかもしれませんね。

4.ペルーの食文化

41 新年になった瞬間、12粒のブドウを食べる!

ペルーには、1月1日に日付がかわった瞬間、12粒のブドウを食べる習慣があります。

12粒には、1年=12か月という意味があり、新しい1年の健康と幸せを祈ります。

ブドウは豊かさのシンボルとされています。

食べ終わるまで話をしません。日本の恵方巻に似ていますね。

42 ペルーはジャガイモの生まれ故郷

世界には、ジャガイモが約5000種ありますが、そのうち3500種ものジャガイモがペルーにはあります。

それもそのはず!ジャガイモは、ペルーのアンデス山脈が原産で、スペイン人によって世界にもたらされました。

ペルーの食卓にジャガイモは欠かせません。

日本でも、アンデスという品種のジャガイモがあります。

5.ペルーでしてはいけないタブー

ペルーに観光に行った帰り、持ち出してはいけないものがあります。

コカの葉(コカ茶やコカキャンディーも)と考古学的価値のある土器などです。

特に、ペルーでは合法のコカの葉は、日本では、所持しているだけでも犯罪になりますから、要注意です。

コカの葉のお茶は、どれだけ飲んでもコカインのような効果はありませんが、コカの葉を日本に持ち込むことはできません。

考古学的な土器も、知らずに買ったとしても、見つかれば即没収です。

罰せられることもありますから気をつけましょう。

まとめ

ペルーのイメージはあるけれど、実は詳しくは知らないというのが実情でしょうか?

そんなペルーの文化や習慣、タブーなどをご紹介しました。