独身者の羨ましい生活!あなたはシングル派?結婚したい派?

既婚の上司から「結婚は、墓場だよ!」と冗談めかしてよく言われます。本当にそうでしょうか?

また、帰省した時、小さな子どもを連れて帰ってきた姉から、

「慌てて、結婚なんかしなきゃよかった!」

なんて泣きごとを聞かされます。

結婚に対するネガティブなイメージが広がっているからかどうか、統計によると、「一度でも結婚したことがある人」の割合は、下記のようにどんどん減ってきています。

 

(1962年)21歳:50%  50歳:90%

(2014年)21歳:8%    50歳:55%

 

ここでは、独身者が羨ましがられるのは、なぜか?どんなところが羨ましがられるのか?

そして、独身でいることのメリットデメリットについてまとめてみました。

1.独身を羨ましいと思う理由は?

11 時間的自由

独身の生活で羨ましいと思われることの1番目は、時間的自由です。

遅くまで残業しようが、定時に退社した後、ジムに行こうが、飲みに行こうが自由です。

配偶者の許可を取る必要がありません。

あるいは、子どもを保育所にお迎えに行く時間を気にする必要もありません。

すべての時間が自分自身のものです。

12 経済的自由

結婚するまでは、自分の好きなように使っていたお金ですが、小遣い制になったりします。

将来のマイホーム、子どもの教育資金などのために、貯金を強いられます。

一方、独身なら、自分のためだけに使えます。

スキルアップのために学校に行っても、大きな休みの度に、海外に行くことも自由自在です。

1-3  精神的自由

自分自身にだけ責任を持てばいいのです。

家族への義務や責任から自由です。

なにより、恋愛の自由を謳歌できます。

誰かのために我慢する、犠牲になる必要がありません。

あなたの主人は、あなたです。

2.独身でいることのメリット

前項でリストアップした独身者の羨ましいことが、すなわち独身でいることのメリットです。

また、それぞれの自由が、それぞれ別々にあるのではなく、それらが互いに融合しあうことによって、さらに自由さが倍加するところもあります。

自分自身のためだけに時間を使える時間的自由によって、仕事にまい進できます。

あるいは、ステップアップのための自己投資に、時間もお金も使うことができます。

そのことによって、さらなる経済的自由が得られます。

また、家族への責任という縛りがないため、何事につけても「挑戦」することができます。

例えば、転職したいと言ったら、「子どもや私の暮らしのことを考えて!」と配偶者から泣きつかれることもありません。

独身でなければ、挑戦や失敗はなかなか許されませんが、独身なら、自己責任で挑戦も失敗も、そしてやり直しも可能です。

3.独身でいることのデメリット

結婚している人たちや、既存の考え方に凝り固まっている方たちからは、独身でいることのデメリット、不利な点が大声で叫ばれます。

例えば、「税金を多く引かれる」「老後が心配」「周囲の目がうるさい」「子育ての経験が持てない」などいろいろ言われます。

確かに、税金は、既婚者よりたくさん差し引かれるかもしれませんが、たくさん稼いでいるのだから当たり前です。

もし、独身をあなた自身の意思で選択したのなら、自分でできる準備をしておけば、外野のヤジに耳を傾ける必要はありません。

今の時代、結婚して子どもがいるからと言って、必ずしも老後が安泰かどうかはわかりません。

また、独身が多数派を占める現在、周囲の目なんて気になりません。

もし、本当は、結婚したいのに、いろいろな事情で独身でいるのなら、かたくなにならないで、出会いを求めてみてもいいでしょう。

今や、いろんな出会いの方法がありますよ。結婚もなかなかいいものです。

まとめ

独身でいることの羨ましいことや、メリットデメリットをまとめました。

独身でいることを推薦しているわけではありません。

もちろん、国の未来を考えると、シングルばかりが増えることは心配ですからね。

でも、私たちは、幸いなことに自由の国に生きています。

独身でいることも、結婚することも、離婚することも、自分の意志で決められます!あなたの希望通りに生きてください。