経験者が語る!ベンチャー企業の選び方、働く面白い理由を紹介

ベンチャー企業 選び方

ベンチャー企業って思ったよりもたくさんあって、どの企業を選んだら良いのだろうと悩んでいませんでしょうか。

今回の記事では、ベンチャー企業の選び方はもちろんのこと、ベンチャー企業で働くと面白い理由についても紹介します。

1.経験者が語る!ベンチャー企業の選び方とは?

ベンチャー企業の選び方

ベンチャー企業の選び方①「伸びてきている業種を選ぼう」

ベンチャー企業に転職を考えているのであれば、これから伸びてくる業種を選びましょう。

この見極めが難しいのですが、すでに伸びきっている業種ではありません。

2019年の現在であれば、SaaSビジネスなどが伸びてきているので、そのあたりを取り組んでいるベンチャー企業をチェックするのが良いかもしれません。

SaaSビジネスとは

逆に伸びきっている業種というのは、競合も非常に多く、お客さんの取り合いが起きているような業種です。

ベンチャー企業の選び方②「代表、同僚の人柄」

ベンチャー企業の選び方で大切なのは、代表はもちろんのこと、一緒に働く仲間の人柄もチェックしたいところです。

ベンチャー企業であれば、社員数もそれほど多くありませんので、周囲の人間に影響されてしまいます。

また、なかなか目指すところのベクトルがずれていると、仕事のすれ違いだけでなく、会話もぎこちなくなっていきます。

「この人は何でこんなことを言うのだろう?」

「なんのために働いてるのだろう?」

などが問題として出てきます。

参考

ベンチャー企業で働いて、自分が自分じゃなくなる話

コミュニケーションコストという言葉もあるほど、意思疎通は大切ですので、ベンチャー企業を選ぶ時には参考にしてください。

ベンチャー企業の選び方③「出資してくれてる投資先をチェック」

「これから伸びてくる!」という期待を背負っているベンチャー企業であれば、お金を出してくれている出資者がいる可能性も高いです。

なので、ベンチャーキャピタルが投資している場合、どんな企業に出資をしているのかを見るのも参考になるでしょう。

出資をしている企業が上場しているのかをチェックしたり、出資者のインタビュー記事であったりなどを調べると良いと思います。

2.ベンチャー企業で働くと何が面白いのか

ベンチャー企業の面白いところ①「代表、幹部に意見を通しやすい」

ベンチャー企業の場合、自分の考えであったり、挑戦したいことであったりを代表に伝えやすいと思います。

なので、しっかりと自分がリサーチして取り組みたい計画がもしあるとするならば、門前払いされず聞いてくれるかも知れません。

ベンチャー企業の面白いところ②「経営を直に感じられる」

ベンチャー企業の場合、経理や人事、営業なども近くに感じることができます。

今月の売り上げはどうなのか、マーケティングの予算にどれくらい使えるのか、なども身近に感じられるでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ベンチャー企業の選び方と働く面白さについて紹介しました。

ぜひ転職の参考にしてください。