仕事がどうでもいい。と思ってしまうのはちゃんと理由がある

仕事 どうでもいい

「あ〜もう仕事なんてどうでもいい」と思ってしまったことがある人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、仕事がどうでもいいと思ってしまう理由について紹介しています。

「仕事がどうでもいい!」と思ってしまう理由

仕事がどうでもいいと思う理由①「責任を感じられない」

自分のやっている仕事に対して責任感を持てない仕事はどうでもいいと思ってしまいます。

責任感とやりがいは深い関係があり、仕事に対して「自分じゃなくてもいいのでは?」「別にこの仕事やる必要なんてない」と思ってしまうと、だんだんと気持ちが離れていってしまうのです。

解決策

仕事に対して、なぜこの仕事をやるのか、この仕事をやることによって会社はどういうメリットがあるのかを少しでも論理的に理解できると回避できるかもしれません。

仕事がどうでもいいと思う理由②「成長を感じられない」

仕事に成長を感じられないと面白さがなくなってしまうので、どうでもいいと感じてしまいます。

あるプロゲーマーが言っていましたが、「ゲームが楽しい」と感じるのは、前できなかったことができるようになる、勝てるようになる、レベルが上がる、など成長を感じれるからだと。

仕事も同じで、何も自分のスキルにならないことを永遠とやり続けていたら、面白さがなくなってしまいますので、どうでもよくなるでしょう。

解決策

仕事を取り組む前に、成長するためにはどうすればいいのか考えることが大切です。

同じような業務でも、「どうしたらもっと効率よくできるのか?」「仕事のミスを減らす方法はないか?」などと前向きに取り組むのが良いでしょう。

仕事がどうでもいいと思う理由③「仕事の目的がわからない」

この仕事は誰のために?なんのために?やるのかを明確にするのは大切です。

「嫌いな上司が出世するだけの仕事」「目的はわからないけど上司に命令されている」などの思いがあると嫌になってしまいます。

解決策

上司から指示された場合、しっかりと「なんのためにやるのか。なぜやるのか。」を話し合うのが大切です。

仕事がどうでもいいと思う理由④「報酬が見合っていない」

仕事量がものすごく多いのに給料が低い。

営業で結果を出しているのに、インセンティブが少ない。

など、仕事の結果と報酬が見合っていない場合にどうでもいいと思ってしまいます。

解決策

仕事で結果を出しているのであれば、上司に交渉すべきでしょう。

もしダメなのであれば、職場を変えるという選択肢をしても良いと思います。

仕事がどうでもいいと思う理由⑤「環境が合っていない」

仕事がどうでもいいと思ってしまう理由として、環境が合っていないというのも重要です。

そもそも人と話すのが苦手なのに、テレアポの仕事を毎日やっている。

大きな声を出されるのが苦手なのに、クレーム対応の仕事をしている。

計算したり整理したりするのが嫌いなのに経理の仕事をしている。

これは純粋に環境が合っていないです。嫌いなことを続けるとどうしても辛くなってしまいますよね。

解決策

部署移動のお願いを出してみるか、仕事を変えるかになるでしょう。

「仕事がどうでもいい」と思ってしまった人はぜひ参考にしてください。