今の職場、仕事がやることない。暇な時ほどスキルアップ

「やることがなくて暇だな〜」と思っていませんでしょうか。何もやることがないと、時間も経つのが遅いので退屈ですよね。

今回の記事では、仕事がやることないと悩んでいる方に向けて、著者のおすすめ解決法を紹介します。

1.今の職場、仕事がやることない。暇な時ほどスキルアップ

やることないなら勉強すればいい

仕事先でやることがないのであれば、少しでも時間をうまく活用して勉強をすると良いでしょう。

例えば、PCを使える職場であれば、新しい情報をどんどん取得して専門用語などをインプットするのがおすすめです。

マーケティングの用語であったり、経営の知識であったりなど、身につけておいた損はないと思うことをたくさん身につけましょう。

やることないなら筋トレで暇つぶし

勉強する時間を確保できないのであれば、こっそりと筋トレをして暇つぶしをするのもおすすめです。

立ち仕事であれば、つま先立ちをしたり、重い荷物を持ちながら鍛えたりなど工夫すると良いでしょう。

やることないなら仕事を探しにいこう

もしやることがないのであれば、自分から「何かできることはありますか?」というように、上司に仕事を貰いにいくのが良いでしょう。

自分からもらいに行くことで、時間も楽しく費やせることができ、評価も得ることができるでしょう。

2.やることがなくて辛いなら、仕事を変えるべき

仕事先でやることがなく辛いのであれば、仕事を変えるのも一つの方法です。職場の環境を変えることで、一緒に働く人達も変わりますし、仕事内容も変わります。

さらに、働く場所も変わることができれば、ランチであったり、飲みに行く行きつけのお店が見つかったりなど、さまざまな変化があります。

仕事を変えるメリットは?

仕事を変えることによって起きるメリットは、スキルアップができることです。

仕事内容が新しくなればなるほど、覚えなきゃいけないことがたくさんあります。

成長する近道は、環境を変えることによって必然的に身についていきます。

どんなスキルが身につけるべきなのか?

今の時代であれば、下記のようなスキルが求められるでしょう。

・プログラミング

・動画編集

・マーケティング

・英語

などです。

プログラミングや動画編集ができるようになれば、クラウドワークスなどの「3万円で動画編集をしてほしい!」という案件を受けることができるようになります。

なので、やることがなくて暇だと思ってる時ほど、夢中になれるスキルをつけると良いでしょう。